ヒストリー:さっちゃん(岡崎 里美)

sattyan1

美容師になったキッカケ

小さい頃から自分の髪にコンプレックスがあって、もし美容師になれたら、クセ毛が直せるかもと思っていました。それから、お洒落な業界に憧れもあって、アパレル業界とか美容室に就職できたらいいなって思っていましたね。なんでアパレルじゃなくて美容室に入ったかというと、近くにアパレル系の専門学校がなかったからです。だから、美容師コースがあるYICに通って勉強しました。そのときの同級生とは今でも遊びます。みんな職業が美容師で一緒だから、休みが合うんです。もともと人見知りで、接客業には不安もあったんですが、いまではお客様が満足して喜んでくださると嬉しいです。

 

この業界に飛び込む不安

この業界に飛び込む前、お客様と会話が上手くできるかどうか、お客様との話を盛り上げられるかどうか、とても不安でした。特に、年配の男性とどんな話をしたらいいか、はじめはまったく分かりませんでしたね。また、理美容業界って、毎日遅くまで練習をしたりするイメージだったのですが、「ファースト」の全体練習は週1回で拍子抜けでした。

「ファースト」に入社したのは、学生のときの就職活動の際に、防府市で2件ほど求人があって、そのうちの1つが「ヘアリゾート ファースト」。でも、ここで働くことにはあまり不安はありませんでした。なぜかというと、1度、お店の見学に行かせてもらったときにお店の雰囲気が良かったからです。また、大手の美容室に入社しなかったのは、もともと人見知りで、たくさん人がいるお店はイヤだったので、個人店を希望していました。それに、「ファースト」はスタッフ間の人間関係がとても良いので、私は恵まれているなぁとしみじみと思っています。ここだったら私も気楽でいれるかもと思いました。

(現在はスタイリストとして活躍中です)

アシスタントとしての1日の流れ

 

8:15 そうじ

8:45 朝礼

9:00 オープン

(仕事内容)カラー、シャンプー、ブロー、仕上げ、電話対応、洗濯など

18:30 片付け

19:30 個人練習

20:00 (水曜日は全体練習:20:00~22:00)

 

嬉しい瞬間

sattyan2

お客様のスタイリングが上手くいったときは嬉しくなります。お客様のカラーリングのときに、想像していた通りの色が出たとき、お客様の顔が嬉しそうにパッと明るくなるので、見ていて私も嬉しいですね。お客様がもっと可愛くなったり、キレイになったりしたときは、私たちもやっぱり同じように嬉しくなるんです。また、自分より年上のお客様からは、私が知らないことを教えてもらう事が多くて、そんなときも嬉しいですね。

逆に、この仕事をしていて辛いのは、カラーリング、パーマ、スタイリングが上手くいかないとき。お客様に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。また、予定の時間内で終わらないときも、お客様はもちろん、周りの先輩たちにも迷惑をかけてしまうので、自分としても辛いですね。

 

「給料が安い」、「休日が合わない」などのイメージがあるようですが?

給料は「技術」を覚えれば自然と上がっていきます。そこに関しては、自分が頑張るかどうかだけなので辛いと思ったことはないです。休日に関しては、私の周りが美容師や接客業の仕事をしている人が多いので、むしろスケジュールが合うんですよね。それに、平日休みって、お店もあまり混んでいないから意外といいですよ~♪ もともと私はインドアタイプですし、友達と集まるって言っても、ほとんどが夜なので仕事の後でも参加できますしね。それに第3日曜日は定休日だから、そんなに不便なことはないです。

 

印象に残っているエピソード

カラーを任せてもらえるようになった初期のこと。髪の根元が明るくなりすぎてしまったことがありました。カラーリングって、人によって色の出方が違うので、きちんとチェックをしないといけないんです。美容師として、絶対に間違えてはいけない部分です。そのときはクレームにはなりませんでしたが、自分の基準としてはダメでしたね。お客様にも迷惑かけるし、もう2度とあんな思いはしたくありませんね。

カラーやスタイリングを任せてもらえるということは、店側にも責任感が発生します。緊張感たっぷりの仕事ですが、それだけに上手くいくとすごく嬉しいです。

 

仕事での目標

sattyan3

やっぱりスタイリストになりたいです。スタイリストになって、自分のお客さんを持ちたい。お客様を今よりもっと可愛くしてあげて、家でもスタイリングしやすいようなカットができるようになることが目標です。

 

チームワークの良い職場

「ファースト」のチームワークは最高です。先輩たちはみんな仕事ができる人ばかりなので、それぞれが役割分担をして仕事をしています。もし、私が何か失敗してしまっても、すぐさまフォローしてくださいますし、お客様との会話でも、パスをして私をその会話の輪の中に入れるようにいつも気を使ってもらっています。 また、私がなにか間違ったことをしたときの叱り方というか、指摘の仕方もとても気を使ってもらっています。わかりやすいように、私を追い詰めないように叱ってくださるので、私も安心して働けます。

 

コミュニケーションで心掛けていること

お店では私が1番年下なので、自分から必ず挨拶をするように心掛けています。もし、新人さんが「ファースト」に入ってきたら、やることがなくてボーっとしてしまわないように、何かしら頼みごとをしてあげようと思っています。私も入ったばかりのとき、することがなくてボーっとしているのが凄くイヤだったんです。1番下の立場って、何をしていいかもわからないときがあるものなんです。だから、新人さんがそうならないように、気を使ってあげたいなと思いますね。

 

山崎店長ってどんな人?

店長はカットが速くて上手。お客様への説明もとても分かりやすいですし、お客様に合わせた話題をふるので、お客様も話しやすいですよね。なんでしょう、仕事もプライベートも楽しんでいるイメージですね。休日はロードバイクに乗ってどこかに出掛けていらっしゃるようですし。お店のイベントもたくさん開いてくれて、今月もお店のみんなで島根にキャンプに行くんですよ。

 

プライベートなわたし

もともとインドアなのでマンガやDVDを観ることが多いですね。最近は韓国ドラマにハマっています。また、休日は、スポーツジムにマット持参でヨガに出掛けたりします。激しい運動はあまり好きではなかったんですけど、人から誘ってもらったキッカケで通うようになりました。あと定番なのは、仲の良い友達とランチをしたり、ショッピングに出掛けたりすることですかね。

 

新しく入ってくる方へのメッセージ

「ファースト」は先輩スタッフも、お客様も優しく見守ってくださる、とても温かい雰囲気のお店です。新しい環境に飛び込むときって、不安な気持ちだらけだと思いますが、みんなの輪の中にきちんと溶け込めるようにするので安心してくださいね。「ファースト」のこのあたたかい雰囲気はスタッフ、お客様みんなで作っているもの。笑顔と会話があれば充分です。

 

 

 

ページ上部へ戻る