意外と知らない!?紫外線商品を買う時のポイント

ジメジメ梅雨にはいりましたが、曇りでも紫外線は強いです。
そろそろ紫外線対策としてUV商品を買う人も増えいるのでは?
UV商品は種類が多すぎてなにを買えばいいのかわからない・・・そんなあたなに、UV商品を買う時のポイントをご案内。

●SPFとPAの違い
・SPF…肌が赤くなる原因の紫外線を防ぐ効果のこと。SPF1=20~25分で持続時間が計算できます。
・PA…シミ・しわの発生に大きく関わる紫外線を防ぐ効果
「+」効果がある、「++」かなり効果がある、「+++」非常に効果がある、「++++」極めて高い効果がある」

SPFは30以上を使用すれば安心ですが、紫外線による肌老化を防ぎたいのであれば、PAは+++以上のものを選ぶことをおススメします。

ちなみに・・・
◆シチュエーション別の数値の選び方
・散歩/買い物/通勤&通学には、SPF10前後/PA+程度
・屋外でのスポーツやレジャーには、SPF10~30/PA++以上
・マリンスポーツや炎天下でのスポーツやレジャーには、SPF30~50+/PA++から+++
・長時間の太陽光をあびるには、SPF50+/PA++++

× 意外と知らないやってはいけない紫外線対策 ×
①去年の日焼け止めを使う
日焼け止めの成分は肌に強い成分を混ぜて作られれるので長時間放置していると成分が分離し、効果がありません。衛生的にも良くないので使用はやめましょう。

②夏の保湿クリーム
保湿クリームの「油分」が肌を日焼けさせやすい状態にすることもあります。
ただし、「UVカット」と書いてある保湿クリームはOK◎

③日傘の内側がしろ
白は光を反射する色。内側が白だと、アスファルトから反射した紫外線を浴びてしまい、日焼け効果に繋がります。

あとは、ライフスタイルやお肌、好みの質感をに合わせて自分にぴったりのUVアイテムを見つけてくださいね♪
スプレータイプや下地タイプ、美容液タイプ、いろんな種類があるのでぜひご相談ください(^^)

正しいUVケアで今年の夏は太陽と仲良く、美白で乗りきりましょう♪

関連記事

ページ上部へ戻る